Top > 製品ができるまで

草刈り鎌ができるまで

≪熱処理≫

鋼に焼きを入れる作業

≪熱鍛造(ねつたんぞう)≫

材料を手打ちのハンマーで叩きながら原型を形作ります。

ベルトハンマーを巧みに操り、厚さや形を整えていきます。

2層に張り合わせられた軟鉄と鋼鉄は、叩くことでしっかり接合されます。

また、粘りと張りが出てきます。

ただ硬いだけの刃物ではすぐに脆くなってしまいますが、使いやすい刃物は、しなやかに曲がり、元の状態に戻るという特性を持っています。

≪空鍛造(からたんぞう)≫

職人の技で、ハンマーのみで刃物へと形作られていきます。

何度も打って、鍛えます。製品の誤差は、わずか2ミリ以内です。

≪研ぎ≫

荒研ぎ

目の粗い砥石で全体の形状を整えます。

2層になった軟鉄の部分を削り、ハガネ(鋼鉄)の刃部分を露出させます。

火花のダイナミックなイメージとは裏腹に、神経を使う作業です。

中研ぎ

刃先全体に、均一にハガネ(鋼鉄)が出るように注意を払い、

中目のグラインダで研いでいきます。

仕上げ

目の細かい砥石で刃先を仕上げることで製品切れ味を高めます。

この刃付けの作業には、相当な熟練が必要とされます。

職人の技の見せ所です。

 

【 トップページ | 製品【鎌】のご案内 | 製品【包丁】のご案内 | 打刃物お手入れ方法 | 製品ができるまで 】